TOP
アクセス・お申し込み・見積もり依頼
コミニティ
LINK
コラム・TIPS
ダウンロード
 簡易レッスン予約(PHP)
 フリーソフト利用規定
howtoもの
 看板を作ろう!
 ライブカメラ関係(工事中)
WORD&EXCELの技
 WORD(工事中)
 EXCEL(工事中)
Linuxのメモ書き
 アカウント作成(工事中)
 htaccessについて(工事中)
 よく使うコマンド(工事中)
 カーネル再構築(工事中)

簡易レッスン予約システムのご紹介

e-gakkoの本部の生徒は、カレンダーから予約できますが、フリープランをメインにレッスンをしている場合、Cyber-eシステムだけでは 不十分です。生徒が少人数なら講師の頭の中でレッスン日、時間の管理ができますが、5人くらいを超えると頭で覚えているのは困難です。 紙に書いたり、エクセルで管理しても良かったのですが、面倒くさくてすぐに止めてしまいました。 そこで、簡易予約ソフトを開発しました。このたび、フリーソフトとしてダウンロード出来るようにしました。PHP可なサーバーをご利用の方は、是非ダウンロードして使ってください。
ウェブの泉で、使っていますが、小さなパソコン教室向けです。簡易版なので、制限もたくさんありますが、ご理解いただきますようお願いいたします。
改善要望などあれば、メールでお願いします。簡単なものならば、下記改造方法に更新します。ヘビーな改造は、ご自身で行ってください。相談には応じます。

設置例とサンプル

1.稼動中サンプル
こちらをご覧下さい。プログラム自身には認証がありません。
htaccessでの認証をオススメします。
2.プログラムの入手
以下の書庫(圧縮)ファイルをダウンロードします。書庫ファイルは LHA形式のみです。
画像を右クリックして、対象をファイルに保存してください。
yoyaku.lzh

ダウンロード後、解凍 します。解凍すると以下のファイルが展開されます。
cal.php
view.php
c2.html
db_end.inc
db_form.inc
db_regist.inc
プログラム本体
index.html
top.html
index.htmlは、親のフレームです。3フレームで出来ていますが、カレンダーの表示部分と予約内容の表示部分の2つフレームは必須です。
top.htmlは、タイトルのヘッダーhtmlです。これは、好きなように作り直してください。
common.php
const.php
動作に必要な設定郡です。
howto.inc
kouza.inc
howto.incは、起動時に表示される予約方法のヘルプです。中はhtmlですので、拡張子をhtmlにすれば、ホームページ作成支援ソフトで編集できます。
kouza.incは、講座名を定義しておく設定ファイルです。


3.制限内容
1.認証がないため、予約した人の名前が表示されるようになっています。
2.同姓同名で予約すると、ニ重三重に登録されます。
3.後に登録した講座名が登録されます。
4.ログファイルのロック機構を搭載していません。そうあることではありませんが、更新がバッティングすると
  ファイルが壊れる場合があります。
4.プログラムの設置

「phpディレクトリ」を作成し、さらにその下にログ用ディレクトリ「dataディレクトリ」を作成します。
全体のディレクトリ構成とファイル位置は以下のとおりです。
(かっこ内はパーミッションの設定値、未記入のファイルは、644が推奨です。)


【ディレクトリ構成例】

public_html / index.html (トップページ)
|
+- php + cal.php [644]
|      |  view.php [644]
|      |  c2.inc
|      |  db_form.inc
|      |  db_regist.inc
|      |  db_end.inc
|      |  top.html / index.html / common.php[644] / const.php[644]
|      |  howto.inc / kouza.inc
|      +- data [777]... ここにログが作成されます。

5.プログラムのカスタマイズ
1) 予約またはキャンセルが入ったときの、管理者のメール送信先を変更する。
a).db_end.incをテキストエディタで開きます。
b).以下を編集します。(左の数字は行番号です。)
6
40
define("MAILTO", "xxxx@xxxxx.jp");  ここを変更
$Header = "From: "."xxxx@eg-spa.com"."\n";  ここを変更
※from行は、何でもOKですが、一応何か入れておきましょう。
2) 講座名を登録する。
a). kouza.inc をテキストエディタで開きます。
b). 講座名がカンマ区切りで定義されていますので、""の中を修正するか、行を増やして他の行を真似て入力します。

<?php
// 配列
$kouza_list = array(
"使えて楽しいパソコンデビュー講座",
"パソコンらくらく手作り講座",
"いたれりつくせりのWORD",
"いたれりつくせりのEXCEL",
"ビルダーでホームページ作成(基本)",
"ビルダーでホームページ作成(応用)",
"Office Specialist WORD 2002",
"Office Specialist EXCEL 2002",
"思い出に残るアルバム講座",
"その他"
);
?>

3) 定休日を予約出来ないようにする。
c2.htmlをテキストエディタで開く。
32
33
34
35
36
37
38
39
switch ( $weekday ) {
  case 0: //日曜
    echo("<div align='right'><a class='sun'
    href='./view.php?YEAR=$nen&MONTH=$tsuki&DAY=$hinichi&
     WEEK=$weekday'
    target=view>$hinichi</a></div></font>"); // その曜日をアンカーに
    break;
日曜日定休なら、アンカーを無くして、日にちだけ表示されるように変更する。
32
33
34
35
36
switch ( $weekday ) {
  case 0: //日曜
    echo("<div align='right'>$hinichi</div></font>"); // その曜日をアンカーに
    break;
※case 0 は、日曜、case 1は月曜・・・・・となっています。
4) 曜日によって営業時間が異なる場合
例えば、平日は10:00〜22:00まで、土曜日は、18:00〜22:00まで営業する場合の変更
form.incをテキストエディタで開き、if文の条件を変更する。
53
54
55
56
57
<?php
 if($week == 6)  ......土曜ならば
   $i = 18;     ..... 18時から営業
 else
   $i = 10;    ..... それ以外の曜日は、10時から営業


Copyright(C)2005-2006 e-gakkoウェブの泉パソコン教室 All Rights Reserved